hiryu sobajima blog 傍嶋飛龍のブログ 

画家であり、万華鏡作家であり、超音楽的お遊び集団 じゃねんず団長であり、OSHO禅タロット占い師、廃材エコヴィレッジ村長 傍嶋飛龍のブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ロケットストーブ その34 温水タンクの保温性UP

最近、ロケットコンロでお湯を沸かしてコーヒーを飲むのは日課です。
DSCN1137_サイズ変更
燃料は近所の山から枝を拾ってくる。ペール缶一杯あれば1週間はいける。
枝を集めるのは20分もあればすぐ一杯になる。

さすがに暖かいのでロケットストーブはつけていませんが、
DSCN1136_サイズ変更
自作の太陽熱温水器は稼働中です! 2年目に突入。
DSCN1164_サイズ変更
ロケット温水器の実験で温水タンクの保温性を高めることの大切さを勉強しました。
そこで、アルミロールマット2重巻から3重巻きにヴァージョンUP。
DSCN1165_サイズ変更
タンク内もアルミロールマットを丸く切って3重にしました。
DSCN1166_サイズ変更
この日は晴天で気温は27,8度ぐらいだったかな。
午後2時の段階でタンク内の水は140Lが常温から40度まで上昇。
これはすごい! ただのドラム缶状態と比べるとアルミロールマット3重の保温効果で7,8度は違う。
この日、温水は使わなかったので、次の日の朝、タンク内の水温を測ってみると36度もあった。
保温力すごい!

うちのお風呂は基本灯油なのですが、自作温水器導入で今月は灯油が減らなくて、ガス代しかかかりませんでした。春から秋にかけて暖かく晴天の時はお風呂はこれでまかなえそうです。



| ロケットストーブ&温水器 | 23:28 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

ここまでやってるならアルミシートなんかよりベニアなどで簡単な型枠作り発泡ウレタンで周りを固めてしまえばどうですか?
さすがに直火には耐えられないでしょうがアルミシートが使えてるなら使いドコロを考えて使えば(重要)ウレタンでもイケるんじゃないかと思います

発泡ウレタンは発泡スチロールと同じで中に空気の層が沢山ありクーラーボックスのように温度を逃さないので格段に良くなるんじゃないでしょうか?
最近では家の断熱を良くするのに屋根裏の天井などに吹きつけてるアレです!あれは特殊な工具で吹きつけてますがホームセンターに行けば大きいスプレー缶のようなものも売ってますし固まればカッターで大きさが大きければ細い針金(ピアノ線などあればなお良し)などでも強く押し付ければ簡単に加工できるので扱いも楽ですよ?

もちろんメンテナンスのこともあるでしょうから取り外せるように作ったらどうですか?
一度浴槽取り外しクッキングぺ-パーなどで養生しといてベニアなどで浴槽が浮くように型枠作り発泡ウレタンで埋め固まったら型枠を外し(取れなかったら型枠とのスキマを細い針金で両端から切るといいですよ)カッターで真っ二つ切り分ければ簡単に取り外せると思います
あとは余分な所や直火が当たりそうな要らない部分を好きな様にカッターで加工すれば良いと思います

私的な最終目標として発泡ウレタンで型を作りFRPで浴槽作ろうなんて計画があったものですから直火風呂とはかけ離れてますが参考になる部分もあるかと思いコメントしてみました…お役に立てれば幸いです

| 名無しのグルメ | 2014/05/07 10:55 | URL |

長文でアドバイスありがとうございます。
発砲ウレタンいいですね。
廃材エコヴィレッジのほうでは使ってみたいと思います。
温水器は断熱が相当大事ですね。
まだまだ色々勉強中なので実践した情報などありましたらまた教えてくださいね。
よろしくお願いします。

| 飛龍 | 2014/05/10 09:12 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sobajimahiryu.blog67.fc2.com/tb.php/962-9bf292ff

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。