hiryu sobajima blog 傍嶋飛龍のブログ 

画家であり、万華鏡作家であり、超音楽的お遊び集団 じゃねんず団長であり、OSHO禅タロット占い師、廃材エコヴィレッジ村長 傍嶋飛龍のブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

中里繪魯洲さんのアトリエ訪問

DSC_0367_サイズ変更
かねてから遊びに行きたかった中里繪魯洲さんのアトリエへ。
DSC_0364_サイズ変更
家の周りに彫刻作品が置いてあって、風に吹かれてゆらりゆらりと動いていた。
DSC_0317_サイズ変更
ブランコの作品もこぐと小さく鐘の音が鳴った。
DSC_0309_サイズ変更
この不思議な椅子は右にあるハンドルを回すと上のプロペラが回転、背もたれにあるヒレのようについているシャベルが動き、色んな音が鳴り始める作品。これはすごい。

こんな作品もあるそうです。
大きな立体作品作れるっていいなぁ。
僕は小さな作品ばかりなので、こういうインパクトの作品って惹かれるなぁ。
ほんとすばらしい作家さんです。

今日はロケットストーブの天板の改造を繪魯洲さんにお願いしました。
DSC_0339_サイズ変更
ロケットストーブの天板を暑い鉄板にして、真ん中に穴を開けて直火で使えるようなります。
DSC_0352_サイズ変更
ボルトで止めるための穴あけ作業。
DSC_0372_サイズ変更
教えてもらってやってみる。
DSC_0389_サイズ変更
ふむふむこういう作業たのしい。
DSC_0393_サイズ変更
ドラム缶のフタにこの鉄板がピッタリはまり、真ん中の穴にもフタがつきました。
フタを取る道具も作ってくれて感謝感謝です。

今日は繪魯洲さんの家で毎年恒例のサモサパーティーが行われると言うことで、僕とユキヨもお邪魔しました。
DSC_0424_サイズ変更
おぉーリビングの繪魯洲さん自作薪ストーブがかっこよすぎる。
これ馬の頭ですね。目が炎で光るところがいいなぁ。
家も鉄骨以外はセルフビルド。僕が知っているこの世代のアーティストってものすごい人多い。

さてさてなぜか中里家では正月にサモサパーティーが恒例だそうな。
DSC_0418_サイズ変更
遊びに来た方たちに混じってサモサの包み方を教えてもらう。
DSC_0428_サイズ変更
サモサの具。おいしそ~う。
DSC_0422_サイズ変更
包まれたサモサは。。。
DSC_0426_サイズ変更
奥さんのユミさんが揚げて。。。
DSC_0431_サイズ変更
完成。なんかUFOみたいだ。
スパイシーで美味しい!
うちでも作ってみたいな~
DSC_0412_サイズ変更
サモサパーティーに集まった方たちは繪魯洲さんの友達だけであって面白い人たちばかりでした。
楽しい話を沢山聞けて刺激的な一日でした。

夜帰ってさっそく、ロケットストーブのフタを設置。
DSC_0443_サイズ変更
こんな感じです。早速火を入れると天板の温度が上がる上がる。
DSC_0441_サイズ変更
じゃんじゃんお湯が沸きます。
DSC_0455_サイズ変更
繪魯洲さんが作ってくれたフタを取る道具。これで引っ掛けて真ん中を開けると。。。
DSC_0445_サイズ変更
直火の熱風が上がってきます。
燃焼室の調子が上がってきてからのほうがあけるのはいいみたい。
これで、前に作ったオーブン用のフタでピザが美味しく焼けるかもしれない。
明日試してみま~す。

繪魯洲さんどうもありがとうございました!

| ★日記 | 23:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sobajimahiryu.blog67.fc2.com/tb.php/836-927966c0

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。