hiryu sobajima blog 傍嶋飛龍のブログ 

画家であり、万華鏡作家であり、超音楽的お遊び集団 じゃねんず団長であり、OSHO禅タロット占い師、廃材エコヴィレッジ村長 傍嶋飛龍のブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ロケットストーブ その24 改良型使用開始! 

ほぼ乾燥したみたいなので、早速火入れをしました。
DSCN9018_exposure_サイズ変更
前回のステンレス煙突より入り口が広いので、薪がたくさん入るようになった。
一度火がつくと、あっという間に空気の引き込みが強くなる。
ステンレス煙突ヴァージョンより調子がいいぞ。
DSCN9013_exposure_サイズ変更
耐火煉瓦だけじゃ不恰好だから、前回使っていたオブジェを置いて石を積んだ。
あとは扉を制作すれば見た目はもうちょっと良くなるかな。
DSCN9016_exposure_サイズ変更
空気の引き込み音が前回のものより大きい。これぞロケットストーブって感じの働きっぷり。
DSCN9023_exposure_サイズ変更
温度計が前回は200度までしか行かなかったけど、今回は250度オーバー
ストーブとしての性能が上がりました。

前回のものと比べて、ドラム缶上部中央の温度が若干低い。
ヒートライザー部分の違いはこんな感じ。
DSCN8932_exposure_サイズ変更
前回のほうがトンネルの幅が狭い。ヒートライザー部分がこっちのほうが高く、トンネルも狭いので、ドラム缶上部中央が集中的に熱されていた。赤くなるほどの熱さだった。
DSCN9007_exposure_サイズ変更
今回は高さが若干低く、トンネルの幅も広い。上部温度は前回より幅広く温かい感じ。
耐火煉瓦と耐火モルタルなので蓄熱もするので、空気の引き込みが強くなっている。


上部の温度がもっと上がったほうが料理に使えそうな気もする。
時間があるときに耐火モルタルを盛ろうと思ってます。

うちのロケットストーブのいいところは、ドラム缶がフタつきなので、メンテナンスしやすいというのがいいところ。
とにかく寒い時期到来だったので、早く直ってよかった。

| ロケットストーブ&温水器 | 21:56 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sobajimahiryu.blog67.fc2.com/tb.php/819-0ea5fe46

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。