hiryu sobajima blog 傍嶋飛龍のブログ 

画家であり、万華鏡作家であり、超音楽的お遊び集団 じゃねんず団長であり、OSHO禅タロット占い師、廃材エコヴィレッジ村長 傍嶋飛龍のブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

実は綱子自主防災隊長なんです!

現在、自治会、水道組合長&自主防災隊長なんですけど、今日は自主防災隊長リーダー研修会でなんと朝6時半集合でバスに乗って神奈川県総合防災センターへ。
ここのところ仕事も結構たまっているので、正直「行きたくないなぁ~」って思っていましたが、どうせ行くなら楽しんじゃおうと考えを変えてみた。
集まった方々で一番若いのは僕でした。
ほとんどの人が50歳以上から70歳ぐらいの方でした。
自治会も高年齢化でしょうか。
DSCN8541_サイズ変更
こういうものに参加するってなんか大人になったなぁなんて思ったり。(笑)
DSCN8542_サイズ変更
自主防災組織についての授業開始!
DVDを見たり、各自治体の自主防災組織に求められることなどなどお話を聞く。
授業の後は体験研修。
ますは倒壊家屋からの救出訓練。
DSCN8548_サイズ変更
みごとな倒壊家屋だ。(笑)
消防の方々は笑いながら「高級住宅」と言ってました。
このなかに2名が瓦礫の下敷きに!!!
みんなで声をかけながら瓦礫をどかして救出開始だ!
DSCN8546_サイズ変更
倒壊家屋は微妙なバランスで支えあっているので、基本むやみに切断はしないそうです。
切断したとたんにくずれて、救出している人たちも下敷きになってしまう危険があるそうだ。
梃子の原理やジャッキなどを利用して瓦礫の中からけが人を引きだす。
その間、余震があったら直ちに倒壊家屋から離れること。
みんなの力で下敷きになった方を救出!
救出された人はこんな人でした。
DSCN8544_サイズ変更
砂袋人形。あっ顔が。。。
DSCN8545_サイズ変更
ちょっと古い劇画風。消防の人で一番絵がうまい人が書いたのだろうか。。。ちょっと年配と見た。
さいとうたかを好きだったり。

次はタンカの作り方。
まず丈夫な物干し竿2本と毛布で作るタンカの講習。
DSCN8550_サイズ変更
毛布を広げ、真ん中に一本を置いて、毛布を半分に折り、その真ん中にまた竿を入れて折るだけと結構わかりやすい作り方。
DSCN8551_サイズ変更
次はシーツしかない場合のタンカの作り方。これはちょっと持ちにくいので6人で1人を運ぶ感じ。
DSCN8552_サイズ変更
シーツも物干し竿で同じようにタンカが作れます。
運び方は足が前、頭が後ろ。
前の人が左足から、後ろの人が右足からと言う感じで、ゆれを少なくして、けが人の痛みに気をつけるそうな。

総合防災センターはこんな常設展示がしてありました。
DSCN8561_サイズ変更
江戸の消防道具。
DSCN8560_サイズ変更
明治の消防車
DSCN8559_サイズ変更
大正の消防車
DSCN8564_サイズ変更
昭和前期の消防。
DSCN8565_サイズ変更
この消防三輪車かっこいい~
DSCN8563_サイズ変更
わぁーい このイロイロついているメーターとか男心くすぐるなぁ。
ちびっ子が消防車好きな気持ちがわかる。
DSCN8567_サイズ変更
地震での建物の揺れ実験コーナー
震度7の石油タンク内の水のはねっぷりがすごかった。
3.11の千葉の石油タンクの爆発事故も頷ける。あんなになっていたら危ないなぁ。
家に筋交いが入っているのと入っていないのでは家の強度もぜんぜん違う。無いと揺れもすごかった。

見学後、今度は地震体験コーナーで全員が地震を体験。
DSCN8571_サイズ変更
はじめて震度7を体験しました。
僕は3.11の震度4ぐらいが記憶にある体感した大きな地震。
いやー震度7すごいですね。
6強あたりからもう歩くのが困難。
この体験では横揺れなので、実際の立て揺れのい直下型地震はもっとすごいらしい。。。
オソロシ。。。
DSCN8573_サイズ変更
これは強風体験コーナー ちょっとわかりにくいけど風速30メートルまで体験できます。
風速30メートルもう息を吸うのも難しい。前見れないですね。
これも一方向からの風のみなので、通常の台風だといろいろな角度から来るから、余計歩いたりすることは難しいそうな。
そのあと、ビル火災脱出体験。
DSCN8575_サイズ変更
かなり、身体をかがめて歩かないと有毒ガスを吸って大変だそうな。
暗い部屋の中、背を低くして、非常口を探すという感じでした。

昼食後は学校などでの避難所運営についてなどグループに分かれてディスカッション。
僕らのグループは皆さん山奥の小さな集落で、避難所に指定されている場所まで2時間以上歩かなくてはいけない
高齢者も多いのに、そういうことになっていること事態問題だと言うお話がでました。
避難所の小学校へ行くより、遠方の小さな集落はその集落単位で助け合うしかないのではと言うお話にもなってました。
あとそういう自治体には無線で連絡ができるようにしてもらうなどアイディアが出てました。
そのあと国民保護についての研修。
DSCN8576_サイズ変更
大規模テロや武力攻撃での各自治体での対策など。
こんなこともあるんですね~
国民保護の警報音というものもあるんですよ~
皆さん聞いたこと無いと思いますのでどうぞ!


そんな感じであさ9時から4時までの研修も無事終了。
DSCN8578_サイズ変更
修了証書もらっちゃいました。

| ★日記 | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sobajimahiryu.blog67.fc2.com/tb.php/685-45d9c9ab

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。