hiryu sobajima blog 傍嶋飛龍のブログ 

画家であり、万華鏡作家であり、超音楽的お遊び集団 じゃねんず団長であり、OSHO禅タロット占い師、廃材エコヴィレッジ村長 傍嶋飛龍のブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

食欲の秋かな

12月1日(食欲の秋かな)
最近やたらと腹が減ってよく食べてます。
昼過ぎから展覧会準備の買出しへ。
途中、碓井さんと吹田さんの陶釉舎と高橋安子さんの家へ寄る。
高橋安子さんの旦那のマサさんは造形作家で藤野のやまにあるラブレターの作者。
DSCN6203_サイズ変更
安子さんの作品の台を作るために、現物合わせするそうで完成した作品を渡した。

その後、ホームセンターまで行き、会場で夜、映像がきれいに見えるようにと照明3点購入。
プリンターのインクなども準備して、夜はキャプションや作家プロフィール作り。

ネンネちゃんはストーブの前でひっくり返る。
DSCN6216_サイズ変更

明日は、午前中取材の打ち合わせ、夕方shuに搬入でーす。


そういえば、この展覧会にも参加しています。
12月2日から11日まで 藤野駅近くの役場の会議室での開催です。
藤野のアーティストたちが3日かけて会場を作っている見ごたえのある展覧会になっているそうです。

6399574035.jpg

藤野のアートの源泉となった疎開画家の作品と
現在活躍する在住作家の作品展が12月2日から
藤野駅から徒歩3分ほどの総合事務所4階で開催されます。

現在の藤野を深く理解するすばらしい企画です。
ぜひお出かけください。

藤野ふるさと芸術村25周年記念事業
■藤野の自然から生まれた作品たち■
~疎開画家と在住作家の作品展~

平成23年12月2日(金)~11日(日)

午前10時~午後5時 入場無料

★藤野総合事務所4階会議室
〒252-0184 相模原市緑区小渕2000番地
JR中央本線 藤野駅下車徒歩3分
中央自動車道 相模湖ICより車で5分


太平洋戦争末期、藤田嗣治をはじめ、
佐藤敬、猪熊弦一郎、中西利雄、伊勢正義、脇田和、荻須高徳、
新制作派協会6名の画家たちが藤野を疎開の地として選び、移り住みました。
画家たちは、家族揃って藤野で暮らし、
それぞれ地元の人と交流しながら作品を描いていました。

戦争が終わり、藤野に残された画家たちの絵には、藤野の風景を描いた絵、
お祝いの席で描かれた絵、出兵する兵士に送った絵、
軍からの依頼された戦争画などがありました。
画家たちは、藤野の人や自然に触れ、交流を深め、
自然に感化されていきました。

藤野に残るさまざまな想い出は受け継がれ、
多くの芸術を受け容れる基盤となりました。
芸術の村として、藤野ふるさと芸術村メッセージ事業
「藤野アート・スフィア」がはじまって25年。
藤野は海外の作品をはじめ、たくさんの芸術作品を紹介してきました。
多くの芸術家が移り住み、すばらしい作品が生まれ、すばらしい芸術家が育ち、
藤野に楽しさや豊かさの華を添えてきてくれました。
今では、藤野の芸術イベントも定着し、地元の行事として
なくてはならないものになってきました。

藤野の愛すべき芸術家たちの作品をいまいちど振り返り、
一堂に会し、その感動を分かちあい、それを育んだ藤野の自然を讃え、
新旧の作家を集め展示いたします。



PDFはこちらから↓
http://www.info-fujino.com/event/25_omote.pdf
http://www.info-fujino.com/event/25_ura.pdf

主催:相模原市 協力: 相模原市藤野ふるさと芸術村メッセージ事業推進委員会 
後援:藤野商工会・NPO法人ふじの里山くらぶ・ふじの交流の里協議会 
運営:一般社団法人藤野観光協会

お問い合わせ:藤野まちづくりセンター TEL042-687-2117 
藤野観光案内所ふじのね TEL042-687-5581 

藤野にゆかりのある画家
藤田嗣治 
佐藤敬 
猪熊玄一郎
三岸節子 
中西利雄 
伊勢正義

藤野ふるさと芸術村メッセージ事業
「藤野アート・スフィア」にかかわってきた作家と在住作家
ニルス・ウド
ローレ・ホイエルマン

いまきみち
碓井直弘
内山亜矢子
丘 修三
ガイネ
鎌田幹子
元朝
小林健太
さとうあや
佐藤恵太
佐藤 純
さとうますよ
吹田千明
副島泰嗣
副島微美子
傍嶋飛龍
高橋政行
高橋安子
竹嶋浩二
竹嶋 玲
中村藤平
西村繁男
野上 薫
平川友紀
三宅 修
三宅 岳
村上正江
母袋俊也
母袋信恵
吉岡旬子
(50音順・敬称略)

| ★日記 | 03:35 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

傍嶋先生、万華鏡製作お疲れさまでございました♪

藤野…遠い…でも行きたい…

ところで!藤田嗣治って…藤野とゆかりが深い画家さんだったんですね!知らなかった!

9月に箱根のポーラ美術館で、藤田さんの絵画を観てきました。
こんなに身近にご縁があるとは!びっくりしました!

| あやあや | 2011/12/02 16:40 | URL |

Re: タイトルなし


藤田嗣治は藤野にゆかりがある作家なんですよ~
戦争のときの疎開作家で有名な作家も来ていたそうです。
藤野ってその頃からアーティストが集まりやすい地域だったようです。

万華鏡展、お時間がありましたら旅がてら遊びに来てください!

| 飛龍 | 2011/12/03 00:07 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sobajimahiryu.blog67.fc2.com/tb.php/453-70ed864c

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。