hiryu sobajima blog 傍嶋飛龍のブログ 

画家であり、万華鏡作家であり、超音楽的お遊び集団 じゃねんず団長であり、OSHO禅タロット占い師、廃材エコヴィレッジ村長 傍嶋飛龍のブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2月3日(命)
1月30日の夜、祖母が突然倒れ亡くなった。85歳だった。
IMGP6634_サイズ変更_exposure

お婆ちゃんの名前は「喜代子」
喜び代表だったんだなと感じるほど、前向きでいつも笑って元気な人だった。
デイサービスに行けば、お婆ちゃんが行くだけで場が明るくなり、みんなに「今日は喜代子さんは来ないのか」と言われていたそうだ。
無くなる数日前、タイガーマスク運動のニュースを耳にしていたお婆ちゃんは寄付したいといい、大金を持ってお世話になっているお寺へいった。寄付したお婆ちゃんはとても満足していたとのこと。
ここ1ヶ月いろんな友人に連絡を取っていたようで、お婆ちゃんは何か感じていたのかもしれない。

1日の告別式のときたくさんの人が集まり棺に花を添えた。
「私はあんたが好きだった」と泣きながらお婆ちゃんの頬をさすっている人もいた。
多くの人に喜びを分け与えていたんだなぁと感じた。

火葬後、骨を骨壷に入れると2日前までは生きていたお婆ちゃんはあっという間に小さな陶器の器に納まった。
命の儚さを感じ、ある命をどう生き抜くかを考えさせられた。
お婆ちゃんが全うした生を受け継ぎたい。

心ある生き方、喜びのある生き方、そして精一杯生きること。

お婆ちゃんいままで本当にありがとうね。

| ★日記 | 22:38 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

飛龍、飛龍よ。
初めてコメントします。
数年前、僕は陶芸家で君は画家でした。
今日、君のブログを数年ぶりに拝見しました。
君は万華鏡作家になっていました。
僕は現在陶芸ではありません。
君の今の状況、痛いほどわかります。
でも、頑張って下さい。君は画家です。
じゃねんずもいいです、万華鏡も喰うためには仕方ないでしょう。でも君は画家です。君の絵はいい、そして今もう一段進歩する段階にいます。端的に言いましょう、君は今、画家として壁にぶちあたてっています。ここが正念場でしょう。この壁を乗り越えてください。
心から応援しています。

| T,S | 2011/02/13 02:48 | URL |

書き込みありがとうございます。
最近、年のせいでしょうか、あまり深刻に物事を考えなくなりました。
「好きなことをやる」
ただとてもシンプルにそれを実行しています。

画家というスタンスに壁を感じているという気もしていません。
まぁすべてはなるようになるかなと思っています。
「楽しみながら生きる」
結果やカタチはすぐに過去のものとなりますが、自分の心のあり方は死を迎えるまで今を刻んでいきます。
今をどう充実して生きるか、が自分の今のテーマです。

絵を描くことは僕のなかで自分のライフを表すものだと考えています。
過去と比較する必要もなく、今の自分らしくあるカタチを映し出せればと思っています。

今、僕は人生で最大限に充実しています。
自分のライフを最高に楽しんでいます。
描くものに鬼気迫るものはなくなりました。
でもそれはいいのです。
人間にはその時々の輝きがあります。
今の輝きを表現することが僕にとってすばらしいことと思うので。
どうか、暖かく見守っていてください。
T,Sさんも自分のライフをすばらしく輝かせてくださいね。


| 飛龍 | 2011/02/13 12:26 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sobajimahiryu.blog67.fc2.com/tb.php/248-0ebfcc3d

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。