hiryu sobajima blog 傍嶋飛龍のブログ 

画家であり、万華鏡作家であり、超音楽的お遊び集団 じゃねんず団長であり、OSHO禅タロット占い師、廃材エコヴィレッジ村長 傍嶋飛龍のブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

廃材エコヴィレッジ計画 その56 薪システムキッチン炊き方&問題点と対策

薪システムキッチン完成後の初炊き。
DSC_0864_exposure_サイズ変更
実際、手探りの実験で作り上げた感じです。

炊き方はこんな感じ。
DSC_0857_exposure_サイズ変更
上から新聞を丸めたものを入れて・・・
DSC_0858_exposure_サイズ変更
ダンボールも入れると着火力が上がる・・・
DSC_0859_exposure_サイズ変更
その上からいくらでも手に入る建築廃材やパレットの廃材を入れる・・・
DSC_0862_exposure_サイズ変更
隣から横に薪も入れてみた・・・
DSC_0870_exposure_サイズ変更
そして、下からから着火・・・
DSC_0883_exposure_サイズ変更
着火の後はちょっとうちわで扇ぐと火があっという間に着く。
DSC_0872_exposure_サイズ変更
炎が立ち上がってきました・・・ここまで強くなってくると煙も燃えてしまってそんなに煙くない。
DSC_0879_exposure_サイズ変更
細かい薪を上から投入して火力UP。
煙道が左にあるので、煙突の上がりで引っ張られます。
左側から、強火、中火、弱火という感じです。

問題点ですが、
・中火が思いのほか弱いこと。
・銅管を巻いた温水システムも思いのほか効果が弱い。

「強火」「弱火」「保温あるいは洗い物のお湯を作る」という3箇所になりそうです。

どうせなら強火が二口欲しいので、この隣に前に作ったペール缶のロケットストーブを持ってくることにしました。
そうすれば、この寒いキッチンの暖房にもなるし強火が二口になるので料理もやりやすい。
あともうちょっと使い方を研究すれば、もっと生かせる感じもします。
廃材エコヴィレッジは楽しいエコライフを目指して臨機応変に模索していきま~す。

面白いエコ生活情報がありましたら色々教えてくださいね。
僕らも至らない所だらけなので、情報をシェアしてもらえたら嬉しいです。

| ★廃材エコヴィレッジ計画 | 11:26 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sobajimahiryu.blog67.fc2.com/tb.php/1145-98f688bb

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。