hiryu sobajima blog 傍嶋飛龍のブログ 

画家であり、万華鏡作家であり、超音楽的お遊び集団 じゃねんず団長であり、OSHO禅タロット占い師、廃材エコヴィレッジ村長 傍嶋飛龍のブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

廃材エコヴィレッジ計画 その53 廃油コンロ試作1号

廃油コンロを作りたい!
廃材エコヴィレッジでちょっとお茶でも飲みたいと思ったときに、薪に火をつけるよりも、廃油でお湯が沸いてしまえばライターで火をつけるだけでお湯が沸いてしまう。

廃油は集めようと思えばいくらでも集められそうだし、廃油でのディーゼル発電や廃油で走る車などの計画もあるので、廃油コンロ計画はそれの始めの一歩だ。
DSC_0727_サイズ変更
材料は缶大小と綿の糸。
DSC_0729_サイズ変更
大きな缶を短く切ります。
こんな感じで切って・・・
DSC_0730_サイズ変更
短く切って内側に折り込む。
DSC_0731_サイズ変更
小さい缶も同じようにカットしました。
DSC_0732_サイズ変更
小さい缶の裏側に穴を開ける見当をつける。
火力を強くしようと結構芯大目にしてみた。
DSC_0733_サイズ変更
鉄工ドリルで穴を開ける。
これに10cmぐらいにカットした綿の紐を入れ込む。
DSC_0737_サイズ変更
さぁ廃油をなみなみに入れて真にオイルが浸透してから着火!
おぉ火柱が上がった。
芯が多すぎたかw
DSC_0736_サイズ変更
火をかけるとこんな感じ。
廃油の臭いと煙がが立ちこめる。
これは室内で使用は厳しいなぁ。
あるいは換気をしっかり出来る環境を作った方がいいかもしれない。
DSC_0743_サイズ変更
小さなヤカンですが、約500mlが5分ほどで沸きました。
ヤカンの周りに熱を逃がさない壁を作るともっと早く沸くかもしれない。
DSC_0749_サイズ変更
消化をするときは、息をかけても消えないのでフタをするという作戦。
ちょうどよいサイズの金属のフタがあったので使ってみました。
DSC_0750_サイズ変更
フタするとすぐに白い煙が出て・・・
DSC_0751_サイズ変更
数秒待てば消化完了。

実験して思ったことは、

●廃油の匂いが立ち込める。
換気のよいところでつかうこと。
廃油コンロを設置する換気の聞く場所を作るといいかもしれない。

●もうちょっと芯を間引いてもいいかもしれない。
炎が15センチぐらい伸びるので、もうちょっと火を落ち着かせたい気もする。

●風を送ると火力が上がる。
廃油ボイラーという感じかな。
フーってしたらちょっと青い炎が出て火力がアップした。
廃油ストーブとかにもつなげられそう。

●ちょっとお湯を沸かすぐらいだったら、廃油の消費はほんと少ない。
燃費がすごくいいかも。
ストーブなどに生かすことが出来たらそれはそれでいいかも。
煙突は必須だけどね。

●ヤカンに煤がつく。
ちょっと煤が多いかな。薪キッチンも直火では煤がつくので、薪ロケットキッチンと兼用のヤカンを使えばいいと思う。

DSC_0713_サイズ変更
今日作ったものはこの中に入り込む予定。
これは陶芸で削ったりして出た粘土を集めて再生させて作りました。
早く素焼きが終わって取り付けてお湯を沸かしてみたいなぁ~

とりあえず1号機にしてはいい感じ。
もう少し改良を加えて実用性を高めてみます!

| ★廃材エコヴィレッジ計画 | 20:47 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sobajimahiryu.blog67.fc2.com/tb.php/1141-9d8a79c3

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。