hiryu sobajima blog 傍嶋飛龍のブログ 

画家であり、万華鏡作家であり、超音楽的お遊び集団 じゃねんず団長であり、OSHO禅タロット占い師、廃材エコヴィレッジ村長 傍嶋飛龍のブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

エドガー・バナサン 竹の楽器をつかって祈りのワークショップ開催

藤野の限界集落「綱子」にフィリピン人竹楽器製作者・音楽家のエドガー・バナサン氏が、フィリピン北部の竹楽器トガトンを制作して、祈りの演奏をするワークショップを開催しました。
DSC_3565_exposure_サイズ変更
エドガーさんの指導で竹の切り出しからワークショップは始まりました。
二つのグループに分かれて作業開始。
まず新しい竹で節が長いものを選びます。新しい竹は節の部分が白いそうです。
DSC_3566_exposure_サイズ変更
女性も竹切りに初挑戦。以外とやってみると簡単に切れちゃうんです。
DSC_3571_exposure_サイズ変更
みんなで引っ張って横に倒します。
DSC_3574_exposure_サイズ変更
枝打ちをして・・・
DSC_3578_exposure_サイズ変更
運び出します。
DSC_3575_exposure_サイズ変更
小学2年生も竹切りに挑戦。
DSC_3573_exposure_サイズ変更
全部で4本の竹を切り出しました。
DSC_3584_exposure_サイズ変更
次の作業は竹のサイズを決めます。
DSC_3588_exposure_サイズ変更
二つのグループに分かれて作業を開始。
DSC_3589_exposure_サイズ変更
節を端っこにして切ります。
DSC_3593_exposure_サイズ変更
一番大きなものから、指8本分短く切っていく。
DSC_3596_exposure_サイズ変更
切ったものは一番端の節は残して、棒で穴を開けます。
DSC_3597_exposure_サイズ変更
さぁこれでフィリピンの儀式で使う楽器「トガトン」が出来上がり~!
DSC_3598_exposure_サイズ変更
さぁどんな音が鳴るんだろうか。たのしみ!
DSC_3601_exposure_サイズ変更
ちょっと焚き火に当たって休憩♪
DSC_3600_exposure_サイズ変更
さぁワークショップ再開。
まずは音の出し方。
とってもシンプルです。
節がついている側を地面に打ち付ける。
これでじんわり鳴り響く心地良い音が響きます。
長いほど音が低く、短いほど音が高い。
筒の家の部分を手でふさぐと音がミューとされます。
基本はこの二つの音を使って、演奏をします。
DSC_3604_exposure_サイズ変更
全部で長さが違う12本のトガトン。
これをずらして演奏していくことで、シンプルだけど奥の深い音の響きがこの場を包みこみます。
地面に打ち付ける振動もあって、これは大人数でやるとすごいことになりそう。
DSC_3605_exposure_サイズ変更
現地ではシャーマンによってリズムが違うそうで、このトガトンを使った儀式でヒーリングの儀式を行い、病気を治してしまうそうです。
DSC_3610_サイズ変更
今回はフィリピンでの台風災害のチャリティーイベントでもあります。
追悼と祈りの儀式をエドガーさんの歌を通して行いました。
DSC_3614_サイズ変更
祈りの歌を聴いて・・・
DSC_3615_サイズ変更
焚き火を囲んでトガトンを演奏して、現地へ向けてヒーリングの儀式を行いました。
みんなで回ったり、踊ったりしながらのトガトン演奏は全員のチームワークやエネルギーを高める感じがしました。病気も治るというのも頷ける。
シャーマンの知識は歴史があり効果も本当にあるんです。
現代医学の薬はプラシーボ効果を越えないといけないそうで、そのプラシーボというのは3割から5割は偽薬で効果が出てしまうというお話もあります。
シャーマンは人の心と魂のことをよく知っている人。
儀式を通じて心や魂に訴えかけることで免疫力があがってしまうし、気持ちも変わってしまうのも頷けます。
祈りの素晴らしさ。
現代人はもっと大切にしていったほうがよさそうですね。

夜は廃材エコヴィレッジ名物ドラム缶ピザ窯でピザパーティー。
DSC_3621_サイズ変更
火を囲み、木を燃やし料理をして、自然とまたトガトン演奏を始めたりととても自然な時間を過ごすことができました。

| ★日記 | 23:38 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sobajimahiryu.blog67.fc2.com/tb.php/1083-87d01571

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。